増大の手術を受けるとどれくらいの費用になるのか

増大 手術

ペニス増大の方法として、病院で手術を受けるというものがありますが、イメージとしてはやはり“費用が高そう”というのが一番に来るのではないでしょうか?

また、自分の体にどんな治療を施されるのかという不安も、同時に大きく膨らんでくることかと思います。

増大の手術にかかる費用や、そもそもどんな方法で行うのかということについて、詳しく調べてみました。

まず、ペニスを病院で大きくしてもらう主な方法として、

  • ヒアルロン酸の注入
  • シリコンボールの挿入
  • メスを入れて隠れた陰茎部分を伸ばす

というものがあります。

ヒアルロン酸の注入は、全体的にも行うことができますし、増大をしたいポイントに部分的に注入することも可能です。

例えば、カリ部分を大きくすれば、それだけでセックス時の女性への印象を変えることができますし、太さを増強すると、銭湯などで同性に見られても恥ずかしくない体になれますよね。

この自由さが、ヒアルロン酸注入のメリットではないでしょうか。

しかし料金は平均で、1か所あたり100,000円~150,000円、ヒアルロン酸の量によっては費用が上乗せされる場合があり結果的に300,000円ほどかかってしまうことも。

また、ヒアルロン酸が体内に溶け込んでしまう性質を持っているので、約1年ごとに手術をやり直す必要があるというのが大きなデメリット。

お財布には、決して優しいとは言えない方法なのです。

シリコンボールはというと、ペニスにシリコンでできた5ミリ程度の球体を挿入する方法で、その感触がセックス時の女性側への快感へと繋がります。

しかしこちらも1個あたり平均で50,000円~と、数か所入れないと意味がないのに、これだけの負担があるのが辛いところ。

メスを使った手術の場合は、ペニス内部にある“じん帯”を切ることで、物理的に長さを伸ばして増大します。

こちらの場合はクリニックによって変化しますが、大手のところでも300,000円前後の費用を負担しなければなりません。

こうして見てみると、増大の手術というのはどれも高額であるという事がわかりますね。

これらと比較すると、増大サプリメントはスタートがしやすいのが最大のメリットです。

「ちょっと増大をお試し…」という気持ちで手術を行って、ウン十万払うというのはリスクが大きすぎますが、サプリメントは1箱あたり平均で10,000円~15,000円ほどで手に取ることができます。

試してみようかな?という気軽な気持ちで始められるということなのです。

また、サプリなら体に痛みを残すこともありませんし、“恐怖心”というものを持たなくても大丈夫なのがポイント。

ペニス増大の手術を受けるよりも、グッとハードルが低いのに、効果を実感する人も多い増大サプリ。

大きくしたい!という気持ちが強い方にこそ、必要なのではないでしょうか。

→1箱買うと1箱無料プレゼント!サイト限定キャンペーンはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ